女性

敏感肌に嬉しい化粧品|貴女も美しくなれる

努力で手にいれる方法

まつげ

長いまつげは努力次第で手に入れることができます。急速にまつげが伸び長くなることは難しいですが、マスカラによって長く見せることもできるし、美容液などによってまつ育やケアをすることによって、自分自身のまつげをより綺麗で長いものすることが可能です。

詳しく読む

たるみ対策にも使える

レディ

ドラッグデリバリーシステムにもとづくビーグレンの化粧品は、顔の肌のたるみといったより深刻なダメージにも対応することができます。ビーグレンを使った通常のスキンケアのステップに加えて、リフトアップ効果やタイトニング作用のある美容液を使うのがポイントです。

詳しく読む

乾燥には保湿を

化粧品

乾燥肌は、水分量や油分量がともに少なくて、非常に表面がかさつきやすい肌です。乾燥肌に合った洗顔料や化粧水を購入してお手入れしていくことで乾燥肌を抑えることができます。化粧水は、節約せずたっぷりと肌に馴染ませる事で、次のステップで使うクリームの角質への浸透を助けます。

詳しく読む

保湿成分と界面活性剤

ウーマン

セラミド配合がおすすめ

敏感肌とは、皮膚表面である角質が荒れた肌のことです。角質のバリア機能が弱まっているため、外部の刺激や異物に対して敏感に反応してしまいます。そのため合成添加物が含まれている化粧品を使用すると、過敏に反応して余計に皮膚が荒れてしまう可能性があります。そのため敏感肌の人が化粧品を選ぶときには、いくつかのポイントがあります。まず角質の水分の約半分がセラミドなどの細胞間脂質で占めています。敏感肌の人はこの成分が不足しているため、セラミドが豊富に含まれた化粧品を選ぶのがおすすめです。また配合成分がたくさんあると、敏感肌に過敏に反応する可能性が高まります。そのためシンプルな配合成分の化粧品がおすすめです。重度な敏感肌では、ワセリンのみを塗ると良いです。

2つのポイントとは

敏感肌の人は化粧品に気を遣う必要がありますが、次の2点を押さえておくと良いです。1つ目は、保湿成分が豊富に含まれていることです。保湿ケアは常日頃から気をつける必要があるため、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどが豊富に含まれている化粧品を選ぶと良いです。2つ目は、界面活性剤の使用量が抑えられている製品を選ぶことです。特に合成界面活性剤は皮膚を刺激するため、避ける必要があります。特にメイクをする場合、リキッドタイプのファンデーションには界面活性剤が多く含まれています。一方でパウダータイプのファンデーションは、リキッドタイプよりも界面活性剤が抑えられているのでおすすめです。またメイクは落とすときも肌に負担がかかるため、落としやすいルースパウダーもおすすめです。